クリスマスの少し前にミケちゃんは虹の橋へ旅立って行きました。



ミケちゃんの思い出。
ミケちゃんは子猫のとき1匹でどこからかやって来ました。

ミャーて声がして、振り向くとお座りしていました。

その少し前に来た、シマちゃんが、フーとかシャーとかいばっていたのと対照的でした。

お顔は、ちょっと墨がついてしまったところが面白かったです。

先輩のター君によく見てもらって大きくなりました。が、カキちゃん、クリちゃんが来たことで、物置での生活を自らやめ、家猫になりました。

そこからは自由気ままな生活を送ってました。

アレルギーだったり、腫瘍の手術をしたり大変だったけど、毎日幸せだったと思います。

お茶のお稽古も大好きでした。


ミケちゃん またね…